重要なお知らせ

  • PCR検査をご希望の方は、下の「ご予約」 の「A6 PCR検査の詳細情報およびQ&A」をご覧下さい。
  • 【平均3時間で陰性証明書発行・送付】
    システム改良により5月10日(火)から、
    1)陰性証明書発行の平均時間が3時間になります。(最短2時間~最長6時間)
    2)検査料金が1,000円値下げで、税込み10,000円となります。
    3)陰性証明書料金も1,000円値下げで、PDFで税込み3,000円となります。
    従いまして、
    検査のみは10,000円(税込)
    検査+陰性証明書(PDF)は13,000円(税込)
    検査+陰性証明書(PDF+紙)は15,000円(税込)となります。
    どうぞご利用下さい。
  • 【中国本土以外の全ての国の陰性証明書に対応しております】
     現在毎月2000件前後の英文陰性証明書を発行しております。
  • 【紙の現物も全て当日受け取り可能になりました】
    紙の現物受け取りをご希望の方が増えています。
    Bコース、Cコースに加え夕方のDコースも全て当日受け取りが可能となりましたので、ぜひご利用下さい。
  • 受付スタッフの人数が限られておりますので、現在電話での問い合わせはご遠慮いただいております。メールの対応スタッフを増やしておりますので、お問い合わせはメールでお願いします。(なおPCR検査のご予約は10日前から予約アプリで可能です。)

Reservation

ご予約

ご予約・ご来院の方は、必ず以下から該当する項目をご確認ください

予約の種類
  • A6 PCR検査をご希望の方は最初にお読み下さい

    新型コロナのPCR検査

    ・新型コロナのPCR検査について、自費で、検診・診断書作成の目的に限り下記でお引き受けしております。

    【RT-PCR検査】

    検査方式はReal Time RT-PCR検査で、海外渡航用の陰性証明書用検査としてはほぼ世界標準となっている検査方式です。

    【結果報告方法と時間】

    基本的に各コース名に記載している時刻までに結果をお送りします。
    (概ね平均3時間半前後でお送りしております)
    陰性証明書をお申し込みされている方は、結果報告と同時にメール添付のPDFでお送りします。
    但し、原則として検査前日までにWeb問診への回答を終えていることが条件となります。
    Bコース、Cコース、Dコースは検査時刻・報告お約束時刻の違いだけでそれ以外に大きな違いはありません。
    Bコース(9時15分~11時頃までの検査→遅くとも15時までに報告)
    Cコース(11時頃~13時頃までの検査→遅くとも17時までに報告)
    Dコース(15時~17時30分頃までの検査→遅くとも21時までに報告)

    【料金等】
    • 検査のみは10,000円(税込)
    • 検査+陰性証明書(PDF)は13,000円(税込)
    • 検査+陰性証明書(PDF+紙)は15,000円(税込)

    なお、上記は当診療所標準フォーマットでの料金です。
    追記事項等ある場合は、基本的に+2,000円(税込)の追加料金が発生します。予約後のWeb問診でご指定ください。

    【検体採取方法】

    唾液、鼻咽頭ぬぐい液、口腔咽頭ぬぐい液などが選択できます。
    料金や報告時間は同一です。予約後のWeb問診でご指定ください。

    【QR コードへの対応】

    各国によってルールが異なりますが、必須の国は多くはありません。追加希望の場合は+2,000円(税込)で対応しております。
    予約時の備考欄に国名と一緒にQRコード追加希望とお書き下さい。

    【オンラインでの予約方法】

    予約方法ですが、下記リンク一番上の「かんたんネット予約はこちら」をクリックして、

    • A6B) 当日15時まで報告Bコース
    • A6C) 当日17時まで報告Cコース
    • A6D) 当日21時まで報告Dコース

    などの「予約する」から御予約下さい。
    https://kanda-0301.stg-s.snapup.jp/
    (御予約は10日前の午前0時から可能になります。
     例えば15日のご予約は、5日の午前0時から可能になります。)

    英文の陰性証明書をご希望の場合、
    パスポート番号等ご記入頂く項目がありますので、
    予約に引き続き、Web問診から必要事項をご記入下さい。

    また、ご家族など複数でご予約される場合は、
    パスポート番号等は、自動的にコピー&ペーストされますので、
    それぞれの人数分、ご予約下さい。
    (待合室の密を防ぐ目的もございます)

    【検査結果の受け取り方法について】

    A)検査結果のみの方
    各コース名でお約束の時刻までに、メールでお知らせします。(検査後平均3時間半程度です)
    事務長名で、お名前と検査した日付、検査結果の記載があります。

    B)日本語または英語の陰性証明書をご希望の方
    各コース名でお約束の時刻までに、上記結果方向のメールに、添付のPDFで送りします。

    日本語の陰性証明書:院長名で、お名前、生年月日、検査日、検査方法、検査結果等を記載しています。

    英語の陰性証明書:お名前の英字表記、パスポート番号、生年月日を記載の上、
    採取方法(唾液、鼻咽頭ぬぐい液、口腔咽頭ぬぐい液等)、検査結果判明日時、検体採取日時、検査方法(RT-PCR法)、検査結果(Ngegative)、診断書発行日、
    使用した機材や試薬等、医師名とサイン、診療所(検査機関)の住所、電話番号、メールアドレスと診療所の押印があります。
    それ以外に性別や国籍などの追加事項をご希望の場合は、追加費用+2,000円でお引き受けしております。ご希望の場合は、予約時の備考欄にご記載下さい。
    中国本土以外のほぼ全ての国と地域に、毎月平均1,500通以上、合計2万通以上の発行実績があります。

    C)紙の現物
    (記載内容は、PDFと同一です。現在90%以上の方はPDFのみをご希望されていますが、紙の現物も必要な方は、追加料金が発生しますがこちらをご利用下さい。)

    1)診療所の窓口受け取り:いずれも結果判明後、平日9時15分~13時、15時~17時30分までの診療時間に窓口でお受け取り頂けます。
    従いまして、当日の窓口での現物受け取りをご希望の方は、Bコース、Cコースをお選びください。
    2)スマートロッカーでの受け取り:Dコース(15時~17時30分)終了後の紙の現物を当日受け取りたい場合は、神田駅周辺のスマートロッカーでお受け取りが可能です。結果報告メールにPDFの陰性証明書と一緒に、スマートロッカーの場所と番号・QRコードをお送りしますので、24時間そちらでお受け取りが可能です。(但し翌日以降のお受け取りには追加料金が発生します。)

    【海外渡航先への検査実績について】

    「A6 主な渡航先とPCR検査情報」などをご参照下さい。
    現在こちらには、2021年12月の実績数が記載されています。
    なお、こちらに掲載で0件の国は過去半年間に渡航目的実績のある国々です。

    【TeCOT登録医療機関】

    TeCOT登録医療機関ですので、香港やシンガポールへの渡航目的でも多数ご利用いただいております。
    基本的にTeCOT登録医療機関の診断書であれば、それ以外の証明書は陰性証明に関しては不要です。

    【検査可能年齢について】

    これまでの実績では8ヶ月のお子様からご利用頂いております。
    但し唾液検査は、3歳前後のお子様は難しいことが多いので、この年齢層のお子様には、
    鼻咽頭ぬぐい液、または口腔咽頭ぬぐい液での検査をお勧めいたしております。

    【当日お持ち頂くもの】
    • ご本人確認のため、運転免許証など写真付きの証明書をお持ち下さい。
       (当日窓口にパスポートをお持ち頂く必要はありませんが、パスポートでも問題ありません)
    • お会計は現金とPayPayのみとなっておりますので、現金等のご準備をお願い致します。
    • 当日はマスク必携
    • 唾液検査の方は、唾液が出やすいように、ミネラルウォーターかお茶をお持ちいただいても結構です。
    【検査当日お断りさせて頂く場合について】

    なお、検査当日37.5度以上の発熱がある場合は、原則として1週間以上の延期とさせていただきます。
    当診療所では、現在新型コロナが疑われる症状のある方の新患は受付しておりません。
    また保険診療での診察・検査・投薬も行っておりませんのでご了承下さい。

    その他、追加料金で、出張(Gコース)などもございます。

    PCR検査に伴うオプション料金(税込み)

    1)検査

    PCR検査    10,000円
    メールでの結果報告も含みます。
    ——————————————–
    特急料金    5,000円
    検査から2時間半以内の結果報告をお約束します。
    通常の予約を取る際に、備考欄で希望とお書き下さい。
    同じコース内であれば、検査時刻もご自由に指定できます。
    (例えばBコースの10時で予約できた場合、備考欄に9時15分~の特急扱い希望と書いていただければ、9時15分検査→11時45分までに結果報告(および陰性証明書発行)が可能です。)

    2)証明書関連

    英語の陰性証明書 3,000円
    結果報告時にメール添付のPDFで送られます。
    日本語の陰性証明書 3,000円
    結果報告時にメール添付のPDFで送られます。
    ——————————————
    現物の窓口受け取り、ロッカー受け取り、レターパック受け取り 2,000円
    ——————————————
    陰性証明書への記載内容追加 2,000円
    (住所・性別・QRコード、赤の角印に変更など) 当診療所の標準フォーマット以外での作成 2,000円

    3)その他

    診察を伴う診断書(fit to flyなど) 4,000円

  • A6B 当日15時まで報告Bコース(RT-PCR検査)

    ・新型コロナのPCR検査について、自費で、検診・診断書作成の目的に限り下記でお引き受けしております。
    ・検査結果と診断書(PDF)は、検査後平均4時間前後、遅くとも当日15時までにメールで報告。
    ・御予約は10日前の午前0時より受付開始とさせていただいております。

    ・ご本人確認のため、運転免許証など写真付きの証明書をお持ち下さい。

    【PCR検査】

    ・検査のみは10,000円(税込)
    ・検査+陰性証明書(PDF)は13,000円(税込)
    ・検査+陰性証明書(PDF+紙)は15,000円(税込)
    ・いずれも税込金額です

    ・企業での陰性証明・渡航時の証明等にお使いください。

    ・その他の事項につきましては「A6 PCR検査の詳細情報およびQ&A」を御参照下さい。

    ご予約はA6Bから

  • A6C 当日17時まで報告Cコース(RT-PCR検査)

    ・検査のみは10,000円(税込)
    ・検査+陰性証明書(PDF)は13,000円(税込)
    ・検査+陰性証明書(PDF+紙)は15,000円(税込)
    ・いずれも税込金額です

    ・検査結果と診断書(PDF)は、検査後平均4時間前後、遅くとも当日17時までにメールで報告。
    ・紙の現物受け取りをご希望の場合は、当日夕方15時~17時30分の診療時間に窓口で受け取り可能。

    ・その他の事項につきましては「A6 PCR検査の詳細情報およびQ&A」を御参照下さい。
    ・検査当日は、ご本人確認のため運転免許証など写真付きの証明書をお持ち下さい。

    ご予約はA6Cから

  • A6D 当日21時まで報告Dコース(RT-PCR検査)

    ・ご本人確認のため、運転免許証など写真付きの証明書をお持ち下さい。

    【PCR検査】

    ・検査のみは10,000円(税込)
    ・検査+陰性証明書(PDF)は13,000円(税込)
    ・検査+陰性証明書(PDF+紙)は15,000円(税込)

    ・検査結果と診断書(PDF)は、検査後平均4時間前後、遅くとも当日21時までにメールで報告。

    ・その他の事項につきましては「A6 PCR検査の詳細情報およびQ&A」を御参照下さい。

    ご予約はA6Dから

  • A6G 往診・出張(RT-PCR検査)

    往診・出張

    お一人様から対応可能で、出張範囲は原則として東京23区内ですが、それ以外についてはご相談下さい。
    24時間365日についてご相談いただいて結構ですが、必ず行けることをお約束するものではありません。
    一般的なオフィスまたはご自宅で検査可能で、特別な準備は不要です。

    ・ご本人確認のため、運転免許証など写真付きの証明書をご用意ください。

    【PCR検査】

    ・検査料金 10,000円(税込)
    ・出張費(一カ所で何人でも) +10,000円(税込)
    ・日本語・英語陰性証明書(PDF)+3,000円(税込)
    現金をご用意下さい。

    ・検査結果と診断書(PDF)は、検査後平均4時間前後、遅くとも6時間以内にメールで報告いたします。
    出張範囲、支払方法等のお問い合わせは、info@kandakita.clinicへメールでご相談下さい。

  • A6 PCR検査に関するQ&A

    Q&A

    • 大至急結果が欲しい場合の選択肢はありますか?(2022年4月29日)

      はい、特急オプション(+5,000円税込み)があります。
      予約時の備考欄でご指定ください。
      特典は2つあり
      1)予約時刻を、検査時間内(9時15分~13時、15時~17時30分)の中でご指定することが可能です。予約が取りにくい時期の予約などにご活用下さい。
      2)(遅刻しない限り)予約時刻から2時間30分以内の結果報告、陰性証明書(料金別途)の発行をお約束します。
    • ドバイ渡航時のQRコードは必要ですか?(2022年4月29日)

      ドバイへ渡航される方の一部、少なくともエミレーツ航空をご利用の方の一部では、
      4月からQRコード必須という取扱を空港カウンターでされているようです。
      QRコードは、+2,000円(税込み)で追加しております。
      お手数ですが、最新情報を航空会社等にご確認の上、
      ご希望がありましたら、検査前までにご連絡下さい。
    • 陰性証明書を申し込みましたが陽性でした。陰性証明書代は返金されますか?(2022年4月15日)

      申し訳ございませんが、陰性証明書代として前払いでお支払いいただいているので、
      陰性で無かった場合の返金対応はしておりません。

      1)ただ、陽性の証明書を発行することはできます。
      航空会社や渡航先によっては、その陽性証明書が有効なことがあるようで、
      陽性になった方の1/3くらいの方は希望されます。

      2)または、30日以内に再度当診療所でPCR検査を受けたときには、
      その時の陰性証明書代に振替えさせえていただくことは可能です。
      こちらも1/3くらいの方が希望されます。

      当方でご提供できる対応としては以上です。
      ご了承下さい。
    • ベトナムへの陰性証明書には対応していますか?(2022年4月1日)

      はい、ベトナムへの渡航目的でのご依頼は増加傾向にあり、現在毎月平均40名前後の皆様にご利用いただいております。

      フォーマットについては、現在以下の2種類のご依頼があります。
      A)ベトナム政府が認めている一般的なフォーマット
      B)在ベトナム日本大使館の推奨フォーマット
      現時点で30~40%の方はB)をご依頼されます。

      当診療所ではどちらも対応可能ですが、
      B)をご希望の場合は、フォーマットも独自になりますので、+2,000円(税込み)の追加費用をいただいておりますので、ご了承下さい。
      また、当診療所の標準のWeb問診にご回答いただくほか、追加情報として
      ・国籍
      ・性別
      ・日本での住所(英語表記)
      ・ベトナムでの住所(英語表記)
      ・入国予定日
      をそれぞれ予約時の備考欄またはメールでお知らせ下さい。
    • オミクロン株などの変異株も検出されますか?(2022年1月26日)

      はい、もちろんです。現在首都圏の新型コロナの95%以上がオミクロン株に置き換わっていると言われる状況で、オミクロン株などの変異株が検出できなかったら全く意味がないですからね。
      なおご存知かとは思いますが、それがオミクロン株かそれとも別の種類かなどの精査は、もう1~2日かけてゲノム解析をしないと区別できず、それにかける時間も費用もあまり意味は無いので、どなたもご依頼はされません。
    • 陰性証明書が有効でない渡航先はどちらですか?(2022年1月26日)

      (台湾や香港を除く)中国本土については医療機関の指定制度がありますが、こちらには登録しておらず、検査キャパシティの関係から、現在申請も行っておりません。申し訳ございません。
      それ以外の世界中の国々・地域で、有効でなかったところはございません。
    • 検査した検体に問題があり、検査結果が出ない。ということはありますか?(2021年11月3日)

      まず診療所内での機械トラブル等での再検査の可能性は若干ございますが、その院内再検査の可能性を含んでのお約束時刻となっております。
      また唾液などの検体の問題で検査ができない可能性についてですが、ご自分で取っていただいたり、郵送で送っていただく場合は一定の割合で発生する様です。ただ当診療所では自院で検査を行っており、毎回結果判定まで行う医師または看護師が採取時に隣で付き添い、採取した唾液などの検体の状態を確認してからお預かりさせていただいております。
      従いまして、その方式を採用してからは検体が問題で検査結果が出ないということはここ1年以上発生しておりません。発生の可能性としては極めて低く0.008%以下と考えていただいて良いと思います。
    • 渡航目的の英語陰性証明書の現物は入手できますか?(2021年9月10日)

      A)現在、渡航目的での英語陰性証明書については、95%の方はPDFのみで、現物のご依頼はほとんどありません。従いまして、2月より、現物の発行については有料とさせていただく代わりに、英語陰性証明書の料金を値下げさせていただきましたので、ご了承下さい。
      なお現物の入手方法としては、結果判明後の診療時間での窓口受け取りとレターパックでの郵送などがあります。(土日祝日は窓口での受け取りはできませんので、金曜日の検査の際はご注意下さい)
      英語陰性証明書の見本はこちら
    • 最近の渡航先にはどのような国がありますか?(2021年8月15日)

      基本的に英国、米国、フランス等の求める要件は満たしており、現在世界中の国々に、月平均1000通前後の英文陰性証明書を発行しております。
      (TeCOTには医療機関として登録済みです。)
      現在多くご利用いただいている国としては以下となります。
      USA、カナダ、ブラジル、グアテマラ、ドミニカ、韓国、香港、シンガポール、UAE、インドネシア、台湾、ネパール、インド、タイ、バングラディシュ、パキスタン、スリランカ、ミャンマー、英国、トルコ、ドイツ、フランス、マルタ、スペイン、スイス、モンテネグロ、イタリア、アイルランド、アイスランド、ウズベキスタン、チェコ、オランダ、ロシア、ガーナ、ナイジェリア、ケニア等々
      (太字は特に毎日の様にご利用頂いている国)
    • 韓国の下記の検査基準および証明書記載事項の条件を満たしているでしょうか? 1)記載事項(英語で) ① 氏名 ② 生年月日 ③ 検査方法 ④ 検査日 ⑤ 検査結果 ⑥ 発給日 ⑦ 検査機関の職印または署名 2)検査方法(英語で) ① Real-time Reverse Transcription Polymerase Reaction(原則) ② LAMP検査でも認定 ③ TMA検査でも認定 ④ SDA検査でも認定

      はい。2021年3月17日現在、全て満たしており、韓国渡航目的の方はこれまでも毎月数十名平均でご利用いただいております。
    • 英国の下記の検査基準および証明書記載事項の条件を満たしているでしょうか? 検査基準 (1)100,000copies/mlを超えるウイルス量(viral loads)において、特異度97%、感度80%であること。
      (2)検査方法には、PCR検査を含む核酸検査、LAMP法を含むその派生技術、あるいは、ラテラルフローデバイスでの検査等の抗原検査が含まれうる。
      検査証明書の記載事項 (1)パスポートなどの渡航文書と合致する氏名 (2)生年月日または年齢 (3)検査結果 (4)検体採取日または検査機関の検体受領日 (5)検査機関名及び連絡先 (6)検査デバイスの名前

      はい。全て満たしており、毎月英国渡航目的の方、数十名にご利用いただいております。(但し当院では直接検査機械を購入して検査しておりますので、検査機関名は当院となります。)
    • 経済産業省の「新型コロナウイルス検査証明機関」には登録されていますか?

      はい。経済産業省のTeCOT(海外渡航者新型コロナウイルス検査センター:Testing Center for Overseas Travelers)に登録されています。
      シンガポールやベトナムへ渡航予定の方もぜひご利用下さい。

      https://www.meti.go.jp/policy/investment/tecot/top.html
    • 渡航目的の英語陰性証明書の発行はしていますか?(2021年9月10日)

      毎日平均60通以上の発行をしております。また対象国はヨーロッパ、北米南米、アジア、アフリカ等全世界に対応しております。PDFでよければ来院後平均4時間前後でメールで入手可能です。
    • なぜ積極的に広告していないのですか?

      当診療所のRT-PCR検査は、検査のクオリティは大手検査会社や病院と同一です。ただ迅速な結果報告を最優先としているため、一日のキャパシティが小さいのが唯一のネックです。現時点でもすでに連日90%前後のご依頼をいただいておりますので、これ以上積極的な広告は現在行っていないというのが実情です。
    • 支払方法は何がありますか?

      窓口での混雑を抑える目的で、現在は現金またはPayPayのみの取扱とさせていただいております。クレジットカード等のお取り扱いはしておりませんので、ご来院の際は現金のご準備をよろしくお願いします。
  • A6 主な渡航先とPCR検査情報

    月間英語陰性証明書発行数合計
    (2021年12月)
    1635
    USA 324
    グアム(アメリカ) 11
    ハワイ 26
    カナダ 78
    New Zealand 2
    ブラジル 11
    コロンビア 1
    アルゼンチン 0
    チリ 2
    ペルー 1
    パナマ 1
    ホンジェラス 0
    北アメリカ 1
    オーストラリア 29
    メキシコ 5
    ボリビア 2
    グアテマラ 1
    パナマ 1
    ジャマイカ 1
    パラグアイ 2
    サイパン 2
    コスタリカ 2
    韓国 96
    UAE(ドバイ、アブダビ含む) 122
    インドネシア 74
    ネパール 18
    インド 16
    台湾 26
    PAKISTAN 5
    Sri Lanka 1
    バングラデシュ 9
    マレーシア 29
    アフガニスタン 0
    香港 10
    シンガポール 61
    タイ 132
    フィリピン 32
    ミャンマー 2
    フィジー 4
    モルディブ 3
    サウジアラビア 1
    カタール 48
    レバノン 0
    ベトナム 6
    中国 2
    カザフスタン 1
    オマーン 1
    クウェート 0
    イラン 4
    ラオス 1
    スリランカ 8
    ウズベキスタン 2
    バーレーン 1
    イスラエル 1
    カンボジア 6
    モンゴル 2
    イラク 1
    エジプト 2
    バハマ 1
    パキスタン 1
    ブルネイ 1
    英国 54
    トルコ 29
    ドイツ 58
    マルタ 2
    フランス 68
    スペイン 15
    イタリア 33
    チェコ 1
    オランダ 11
    オーストリア 3
    ハンガリー 4
    スイス 20
    ロシア 18
    Ukraine 0
    Latvia 0
    Uzbekistan 0
    クロアチア 1
    エストニア 1
    スウェーデン 5
    フィンランド 7
    アイスランド 1
    ルーマニア 2
    ギリシア 2
    ポーランド 1
    ベルギー 3
    ルクセンブルク 2
    アイルランド 4
    ポルトガル 4
    ジョージア 0
    ブルガリア 0
    ノルウェー 2
    ウクライナ 1
    ポルトガル 1
    ベラルーシ 0
    デンマーク 6
    北キプロス 1
    スコットランド 2
    リトアニア 1
    チェコ 1
    タヒチ 1
    0
    ガーナ 4
    ナイジェリア 1
    アルジェリア 1
    ケニア 4
    タンザニア 1
    カメルーン 0
    セネガル 1
    モザンビーク 0
    キューバ 0
    ウガンダ 2
    ジョージア 1
    南アフリカ共和国 3
    ジブチ共和国 1
    チェニジア 1
    ブルンジ 0
    エチオピア 3
    モロッコ 3
    モーリシャス 1
    セイシェル 0
    ガボン 0
    エチオピア 1
    ニジェール 0
    マラウイ 0
    ナミビア 0
    ルワンダ 1
    ガンビア 0
    マダガスカル 1
    トーゴ 1
    ミクロネシア 1
    ザンビア 1
    ブルキナファソ 1
    コンゴ 1
    不明 2
  • C2 保険診療(来院・電話再診)

    <p>現在発熱や感冒様症状がある方は受診できません。</p>
    <p>4月を目途に時間帯を設定して再開予定です。</p>
    <p><a class=”box-btn” href=”https://medical.apokul.jp/web/90/reservations/add”>ご予約はC2から</a></p>

  • A6 PCR検査をご希望の方は最初にお読み下さい

    新型コロナのPCR検査

    ・新型コロナのPCR検査について、自費で、検診・診断書作成の目的に限り下記でお引き受けしております。

    【RT-PCR検査】

    検査方式はReal Time RT-PCR検査で、海外渡航用の陰性証明書用検査としてはほぼ世界標準となっている検査方式です。

    【結果報告方法と時間】

    基本的に各コース名に記載している時刻までに結果をお送りします。
    (概ね平均3時間半前後でお送りしております)
    陰性証明書をお申し込みされている方は、結果報告と同時にメール添付のPDFでお送りします。
    但し、原則として検査前日までにWeb問診への回答を終えていることが条件となります。
    Bコース、Cコース、Dコースは検査時刻・報告お約束時刻の違いだけでそれ以外に大きな違いはありません。
    Bコース(9時15分~11時頃までの検査→遅くとも15時までに報告)
    Cコース(11時頃~13時頃までの検査→遅くとも17時までに報告)
    Dコース(15時~17時30分頃までの検査→遅くとも21時までに報告)

    【料金等】
    • 検査のみは10,000円(税込)
    • 検査+陰性証明書(PDF)は13,000円(税込)
    • 検査+陰性証明書(PDF+紙)は15,000円(税込)

    なお、上記は当診療所標準フォーマットでの料金です。
    追記事項等ある場合は、基本的に+2,000円(税込)の追加料金が発生します。予約後のWeb問診でご指定ください。

    【検体採取方法】

    唾液、鼻咽頭ぬぐい液、口腔咽頭ぬぐい液などが選択できます。
    料金や報告時間は同一です。予約後のWeb問診でご指定ください。

    【QR コードへの対応】

    各国によってルールが異なりますが、必須の国は多くはありません。追加希望の場合は+2,000円(税込)で対応しております。
    予約時の備考欄に国名と一緒にQRコード追加希望とお書き下さい。

    【オンラインでの予約方法】

    予約方法ですが、下記リンク一番上の「かんたんネット予約はこちら」をクリックして、

    • A6B) 当日15時まで報告Bコース
    • A6C) 当日17時まで報告Cコース
    • A6D) 当日21時まで報告Dコース

    などの「予約する」から御予約下さい。
    https://kanda-0301.stg-s.snapup.jp/
    (御予約は10日前の午前0時から可能になります。
     例えば15日のご予約は、5日の午前0時から可能になります。)

    英文の陰性証明書をご希望の場合、
    パスポート番号等ご記入頂く項目がありますので、
    予約に引き続き、Web問診から必要事項をご記入下さい。

    また、ご家族など複数でご予約される場合は、
    パスポート番号等は、自動的にコピー&ペーストされますので、
    それぞれの人数分、ご予約下さい。
    (待合室の密を防ぐ目的もございます)

    【検査結果の受け取り方法について】

    A)検査結果のみの方
    各コース名でお約束の時刻までに、メールでお知らせします。(検査後平均3時間半程度です)
    事務長名で、お名前と検査した日付、検査結果の記載があります。

    B)日本語または英語の陰性証明書をご希望の方
    各コース名でお約束の時刻までに、上記結果方向のメールに、添付のPDFで送りします。

    日本語の陰性証明書:院長名で、お名前、生年月日、検査日、検査方法、検査結果等を記載しています。

    英語の陰性証明書:お名前の英字表記、パスポート番号、生年月日を記載の上、
    採取方法(唾液、鼻咽頭ぬぐい液、口腔咽頭ぬぐい液等)、検査結果判明日時、検体採取日時、検査方法(RT-PCR法)、検査結果(Ngegative)、診断書発行日、
    使用した機材や試薬等、医師名とサイン、診療所(検査機関)の住所、電話番号、メールアドレスと診療所の押印があります。
    それ以外に性別や国籍などの追加事項をご希望の場合は、追加費用+2,000円でお引き受けしております。ご希望の場合は、予約時の備考欄にご記載下さい。
    中国本土以外のほぼ全ての国と地域に、毎月平均1,500通以上、合計2万通以上の発行実績があります。

    C)紙の現物
    (記載内容は、PDFと同一です。現在90%以上の方はPDFのみをご希望されていますが、紙の現物も必要な方は、追加料金が発生しますがこちらをご利用下さい。)

    1)診療所の窓口受け取り:いずれも結果判明後、平日9時15分~13時、15時~17時30分までの診療時間に窓口でお受け取り頂けます。
    従いまして、当日の窓口での現物受け取りをご希望の方は、Bコース、Cコースをお選びください。
    2)スマートロッカーでの受け取り:Dコース(15時~17時30分)終了後の紙の現物を当日受け取りたい場合は、神田駅周辺のスマートロッカーでお受け取りが可能です。結果報告メールにPDFの陰性証明書と一緒に、スマートロッカーの場所と番号・QRコードをお送りしますので、24時間そちらでお受け取りが可能です。(但し翌日以降のお受け取りには追加料金が発生します。)

    【海外渡航先への検査実績について】

    「A6 主な渡航先とPCR検査情報」などをご参照下さい。
    現在こちらには、2021年12月の実績数が記載されています。
    なお、こちらに掲載で0件の国は過去半年間に渡航目的実績のある国々です。

    【TeCOT登録医療機関】

    TeCOT登録医療機関ですので、香港やシンガポールへの渡航目的でも多数ご利用いただいております。
    基本的にTeCOT登録医療機関の診断書であれば、それ以外の証明書は陰性証明に関しては不要です。

    【検査可能年齢について】

    これまでの実績では8ヶ月のお子様からご利用頂いております。
    但し唾液検査は、3歳前後のお子様は難しいことが多いので、この年齢層のお子様には、
    鼻咽頭ぬぐい液、または口腔咽頭ぬぐい液での検査をお勧めいたしております。

    【当日お持ち頂くもの】
    • ご本人確認のため、運転免許証など写真付きの証明書をお持ち下さい。
       (当日窓口にパスポートをお持ち頂く必要はありませんが、パスポートでも問題ありません)
    • お会計は現金とPayPayのみとなっておりますので、現金等のご準備をお願い致します。
    • 当日はマスク必携
    • 唾液検査の方は、唾液が出やすいように、ミネラルウォーターかお茶をお持ちいただいても結構です。
    【検査当日お断りさせて頂く場合について】

    なお、検査当日37.5度以上の発熱がある場合は、原則として1週間以上の延期とさせていただきます。
    当診療所では、現在新型コロナが疑われる症状のある方の新患は受付しておりません。
    また保険診療での診察・検査・投薬も行っておりませんのでご了承下さい。

    その他、追加料金で、出張(Gコース)などもございます。

    PCR検査に伴うオプション料金(税込み)

    1)検査

    PCR検査    10,000円
    メールでの結果報告も含みます。
    ——————————————–
    特急料金    5,000円
    検査から2時間半以内の結果報告をお約束します。
    通常の予約を取る際に、備考欄で希望とお書き下さい。
    同じコース内であれば、検査時刻もご自由に指定できます。
    (例えばBコースの10時で予約できた場合、備考欄に9時15分~の特急扱い希望と書いていただければ、9時15分検査→11時45分までに結果報告(および陰性証明書発行)が可能です。)

    2)証明書関連

    英語の陰性証明書 3,000円
    結果報告時にメール添付のPDFで送られます。
    日本語の陰性証明書 3,000円
    結果報告時にメール添付のPDFで送られます。
    ——————————————
    現物の窓口受け取り、ロッカー受け取り、レターパック受け取り 2,000円
    ——————————————
    陰性証明書への記載内容追加 2,000円
    (住所・性別・QRコード、赤の角印に変更など) 当診療所の標準フォーマット以外での作成 2,000円

    3)その他

    診察を伴う診断書(fit to flyなど) 4,000円

  • A6B 当日15時まで報告Bコース(RT-PCR検査)

    ・新型コロナのPCR検査について、自費で、検診・診断書作成の目的に限り下記でお引き受けしております。
    ・検査結果と診断書(PDF)は、検査後平均4時間前後、遅くとも当日15時までにメールで報告。
    ・御予約は10日前の午前0時より受付開始とさせていただいております。

    ・ご本人確認のため、運転免許証など写真付きの証明書をお持ち下さい。

    【PCR検査】

    ・検査のみは10,000円(税込)
    ・検査+陰性証明書(PDF)は13,000円(税込)
    ・検査+陰性証明書(PDF+紙)は15,000円(税込)
    ・いずれも税込金額です

    ・企業での陰性証明・渡航時の証明等にお使いください。

    ・その他の事項につきましては「A6 PCR検査の詳細情報およびQ&A」を御参照下さい。

    ご予約はA6Bから

  • A6C 当日17時まで報告Cコース(RT-PCR検査)

    ・検査のみは10,000円(税込)
    ・検査+陰性証明書(PDF)は13,000円(税込)
    ・検査+陰性証明書(PDF+紙)は15,000円(税込)
    ・いずれも税込金額です

    ・検査結果と診断書(PDF)は、検査後平均4時間前後、遅くとも当日17時までにメールで報告。
    ・紙の現物受け取りをご希望の場合は、当日夕方15時~17時30分の診療時間に窓口で受け取り可能。

    ・その他の事項につきましては「A6 PCR検査の詳細情報およびQ&A」を御参照下さい。
    ・検査当日は、ご本人確認のため運転免許証など写真付きの証明書をお持ち下さい。

    ご予約はA6Cから

  • A6D 当日21時まで報告Dコース(RT-PCR検査)

    ・ご本人確認のため、運転免許証など写真付きの証明書をお持ち下さい。

    【PCR検査】

    ・検査のみは10,000円(税込)
    ・検査+陰性証明書(PDF)は13,000円(税込)
    ・検査+陰性証明書(PDF+紙)は15,000円(税込)

    ・検査結果と診断書(PDF)は、検査後平均4時間前後、遅くとも当日21時までにメールで報告。

    ・その他の事項につきましては「A6 PCR検査の詳細情報およびQ&A」を御参照下さい。

    ご予約はA6Dから

  • A6G 往診・出張(RT-PCR検査)

    往診・出張

    お一人様から対応可能で、出張範囲は原則として東京23区内ですが、それ以外についてはご相談下さい。
    24時間365日についてご相談いただいて結構ですが、必ず行けることをお約束するものではありません。
    一般的なオフィスまたはご自宅で検査可能で、特別な準備は不要です。

    ・ご本人確認のため、運転免許証など写真付きの証明書をご用意ください。

    【PCR検査】

    ・検査料金 10,000円(税込)
    ・出張費(一カ所で何人でも) +10,000円(税込)
    ・日本語・英語陰性証明書(PDF)+3,000円(税込)
    現金をご用意下さい。

    ・検査結果と診断書(PDF)は、検査後平均4時間前後、遅くとも6時間以内にメールで報告いたします。
    出張範囲、支払方法等のお問い合わせは、info@kandakita.clinicへメールでご相談下さい。

  • A6 PCR検査に関するQ&A

    Q&A

    • 大至急結果が欲しい場合の選択肢はありますか?(2022年4月29日)

      はい、特急オプション(+5,000円税込み)があります。
      予約時の備考欄でご指定ください。
      特典は2つあり
      1)予約時刻を、検査時間内(9時15分~13時、15時~17時30分)の中でご指定することが可能です。予約が取りにくい時期の予約などにご活用下さい。
      2)(遅刻しない限り)予約時刻から2時間30分以内の結果報告、陰性証明書(料金別途)の発行をお約束します。
    • ドバイ渡航時のQRコードは必要ですか?(2022年4月29日)

      ドバイへ渡航される方の一部、少なくともエミレーツ航空をご利用の方の一部では、
      4月からQRコード必須という取扱を空港カウンターでされているようです。
      QRコードは、+2,000円(税込み)で追加しております。
      お手数ですが、最新情報を航空会社等にご確認の上、
      ご希望がありましたら、検査前までにご連絡下さい。
    • 陰性証明書を申し込みましたが陽性でした。陰性証明書代は返金されますか?(2022年4月15日)

      申し訳ございませんが、陰性証明書代として前払いでお支払いいただいているので、
      陰性で無かった場合の返金対応はしておりません。

      1)ただ、陽性の証明書を発行することはできます。
      航空会社や渡航先によっては、その陽性証明書が有効なことがあるようで、
      陽性になった方の1/3くらいの方は希望されます。

      2)または、30日以内に再度当診療所でPCR検査を受けたときには、
      その時の陰性証明書代に振替えさせえていただくことは可能です。
      こちらも1/3くらいの方が希望されます。

      当方でご提供できる対応としては以上です。
      ご了承下さい。
    • ベトナムへの陰性証明書には対応していますか?(2022年4月1日)

      はい、ベトナムへの渡航目的でのご依頼は増加傾向にあり、現在毎月平均40名前後の皆様にご利用いただいております。

      フォーマットについては、現在以下の2種類のご依頼があります。
      A)ベトナム政府が認めている一般的なフォーマット
      B)在ベトナム日本大使館の推奨フォーマット
      現時点で30~40%の方はB)をご依頼されます。

      当診療所ではどちらも対応可能ですが、
      B)をご希望の場合は、フォーマットも独自になりますので、+2,000円(税込み)の追加費用をいただいておりますので、ご了承下さい。
      また、当診療所の標準のWeb問診にご回答いただくほか、追加情報として
      ・国籍
      ・性別
      ・日本での住所(英語表記)
      ・ベトナムでの住所(英語表記)
      ・入国予定日
      をそれぞれ予約時の備考欄またはメールでお知らせ下さい。
    • オミクロン株などの変異株も検出されますか?(2022年1月26日)

      はい、もちろんです。現在首都圏の新型コロナの95%以上がオミクロン株に置き換わっていると言われる状況で、オミクロン株などの変異株が検出できなかったら全く意味がないですからね。
      なおご存知かとは思いますが、それがオミクロン株かそれとも別の種類かなどの精査は、もう1~2日かけてゲノム解析をしないと区別できず、それにかける時間も費用もあまり意味は無いので、どなたもご依頼はされません。
    • 陰性証明書が有効でない渡航先はどちらですか?(2022年1月26日)

      (台湾や香港を除く)中国本土については医療機関の指定制度がありますが、こちらには登録しておらず、検査キャパシティの関係から、現在申請も行っておりません。申し訳ございません。
      それ以外の世界中の国々・地域で、有効でなかったところはございません。
    • 検査した検体に問題があり、検査結果が出ない。ということはありますか?(2021年11月3日)

      まず診療所内での機械トラブル等での再検査の可能性は若干ございますが、その院内再検査の可能性を含んでのお約束時刻となっております。
      また唾液などの検体の問題で検査ができない可能性についてですが、ご自分で取っていただいたり、郵送で送っていただく場合は一定の割合で発生する様です。ただ当診療所では自院で検査を行っており、毎回結果判定まで行う医師または看護師が採取時に隣で付き添い、採取した唾液などの検体の状態を確認してからお預かりさせていただいております。
      従いまして、その方式を採用してからは検体が問題で検査結果が出ないということはここ1年以上発生しておりません。発生の可能性としては極めて低く0.008%以下と考えていただいて良いと思います。
    • 渡航目的の英語陰性証明書の現物は入手できますか?(2021年9月10日)

      A)現在、渡航目的での英語陰性証明書については、95%の方はPDFのみで、現物のご依頼はほとんどありません。従いまして、2月より、現物の発行については有料とさせていただく代わりに、英語陰性証明書の料金を値下げさせていただきましたので、ご了承下さい。
      なお現物の入手方法としては、結果判明後の診療時間での窓口受け取りとレターパックでの郵送などがあります。(土日祝日は窓口での受け取りはできませんので、金曜日の検査の際はご注意下さい)
      英語陰性証明書の見本はこちら
    • 最近の渡航先にはどのような国がありますか?(2021年8月15日)

      基本的に英国、米国、フランス等の求める要件は満たしており、現在世界中の国々に、月平均1000通前後の英文陰性証明書を発行しております。
      (TeCOTには医療機関として登録済みです。)
      現在多くご利用いただいている国としては以下となります。
      USA、カナダ、ブラジル、グアテマラ、ドミニカ、韓国、香港、シンガポール、UAE、インドネシア、台湾、ネパール、インド、タイ、バングラディシュ、パキスタン、スリランカ、ミャンマー、英国、トルコ、ドイツ、フランス、マルタ、スペイン、スイス、モンテネグロ、イタリア、アイルランド、アイスランド、ウズベキスタン、チェコ、オランダ、ロシア、ガーナ、ナイジェリア、ケニア等々
      (太字は特に毎日の様にご利用頂いている国)
    • 韓国の下記の検査基準および証明書記載事項の条件を満たしているでしょうか? 1)記載事項(英語で) ① 氏名 ② 生年月日 ③ 検査方法 ④ 検査日 ⑤ 検査結果 ⑥ 発給日 ⑦ 検査機関の職印または署名 2)検査方法(英語で) ① Real-time Reverse Transcription Polymerase Reaction(原則) ② LAMP検査でも認定 ③ TMA検査でも認定 ④ SDA検査でも認定

      はい。2021年3月17日現在、全て満たしており、韓国渡航目的の方はこれまでも毎月数十名平均でご利用いただいております。
    • 英国の下記の検査基準および証明書記載事項の条件を満たしているでしょうか? 検査基準 (1)100,000copies/mlを超えるウイルス量(viral loads)において、特異度97%、感度80%であること。
      (2)検査方法には、PCR検査を含む核酸検査、LAMP法を含むその派生技術、あるいは、ラテラルフローデバイスでの検査等の抗原検査が含まれうる。
      検査証明書の記載事項 (1)パスポートなどの渡航文書と合致する氏名 (2)生年月日または年齢 (3)検査結果 (4)検体採取日または検査機関の検体受領日 (5)検査機関名及び連絡先 (6)検査デバイスの名前

      はい。全て満たしており、毎月英国渡航目的の方、数十名にご利用いただいております。(但し当院では直接検査機械を購入して検査しておりますので、検査機関名は当院となります。)
    • 経済産業省の「新型コロナウイルス検査証明機関」には登録されていますか?

      はい。経済産業省のTeCOT(海外渡航者新型コロナウイルス検査センター:Testing Center for Overseas Travelers)に登録されています。
      シンガポールやベトナムへ渡航予定の方もぜひご利用下さい。

      https://www.meti.go.jp/policy/investment/tecot/top.html
    • 渡航目的の英語陰性証明書の発行はしていますか?(2021年9月10日)

      毎日平均60通以上の発行をしております。また対象国はヨーロッパ、北米南米、アジア、アフリカ等全世界に対応しております。PDFでよければ来院後平均4時間前後でメールで入手可能です。
    • なぜ積極的に広告していないのですか?

      当診療所のRT-PCR検査は、検査のクオリティは大手検査会社や病院と同一です。ただ迅速な結果報告を最優先としているため、一日のキャパシティが小さいのが唯一のネックです。現時点でもすでに連日90%前後のご依頼をいただいておりますので、これ以上積極的な広告は現在行っていないというのが実情です。
    • 支払方法は何がありますか?

      窓口での混雑を抑える目的で、現在は現金またはPayPayのみの取扱とさせていただいております。クレジットカード等のお取り扱いはしておりませんので、ご来院の際は現金のご準備をよろしくお願いします。
  • A6 主な渡航先とPCR検査情報

    月間英語陰性証明書発行数合計
    (2021年12月)
    1635
    USA 324
    グアム(アメリカ) 11
    ハワイ 26
    カナダ 78
    New Zealand 2
    ブラジル 11
    コロンビア 1
    アルゼンチン 0
    チリ 2
    ペルー 1
    パナマ 1
    ホンジェラス 0
    北アメリカ 1
    オーストラリア 29
    メキシコ 5
    ボリビア 2
    グアテマラ 1
    パナマ 1
    ジャマイカ 1
    パラグアイ 2
    サイパン 2
    コスタリカ 2
    韓国 96
    UAE(ドバイ、アブダビ含む) 122
    インドネシア 74
    ネパール 18
    インド 16
    台湾 26
    PAKISTAN 5
    Sri Lanka 1
    バングラデシュ 9
    マレーシア 29
    アフガニスタン 0
    香港 10
    シンガポール 61
    タイ 132
    フィリピン 32
    ミャンマー 2
    フィジー 4
    モルディブ 3
    サウジアラビア 1
    カタール 48
    レバノン 0
    ベトナム 6
    中国 2
    カザフスタン 1
    オマーン 1
    クウェート 0
    イラン 4
    ラオス 1
    スリランカ 8
    ウズベキスタン 2
    バーレーン 1
    イスラエル 1
    カンボジア 6
    モンゴル 2
    イラク 1
    エジプト 2
    バハマ 1
    パキスタン 1
    ブルネイ 1
    英国 54
    トルコ 29
    ドイツ 58
    マルタ 2
    フランス 68
    スペイン 15
    イタリア 33
    チェコ 1
    オランダ 11
    オーストリア 3
    ハンガリー 4
    スイス 20
    ロシア 18
    Ukraine 0
    Latvia 0
    Uzbekistan 0
    クロアチア 1
    エストニア 1
    スウェーデン 5
    フィンランド 7
    アイスランド 1
    ルーマニア 2
    ギリシア 2
    ポーランド 1
    ベルギー 3
    ルクセンブルク 2
    アイルランド 4
    ポルトガル 4
    ジョージア 0
    ブルガリア 0
    ノルウェー 2
    ウクライナ 1
    ポルトガル 1
    ベラルーシ 0
    デンマーク 6
    北キプロス 1
    スコットランド 2
    リトアニア 1
    チェコ 1
    タヒチ 1
    0
    ガーナ 4
    ナイジェリア 1
    アルジェリア 1
    ケニア 4
    タンザニア 1
    カメルーン 0
    セネガル 1
    モザンビーク 0
    キューバ 0
    ウガンダ 2
    ジョージア 1
    南アフリカ共和国 3
    ジブチ共和国 1
    チェニジア 1
    ブルンジ 0
    エチオピア 3
    モロッコ 3
    モーリシャス 1
    セイシェル 0
    ガボン 0
    エチオピア 1
    ニジェール 0
    マラウイ 0
    ナミビア 0
    ルワンダ 1
    ガンビア 0
    マダガスカル 1
    トーゴ 1
    ミクロネシア 1
    ザンビア 1
    ブルキナファソ 1
    コンゴ 1
    不明 2
  • C2 保険診療(来院・電話再診)

    <p>現在発熱や感冒様症状がある方は受診できません。</p>
    <p>4月を目途に時間帯を設定して再開予定です。</p>
    <p><a class=”box-btn” href=”https://medical.apokul.jp/web/90/reservations/add”>ご予約はC2から</a></p>

Features

当院の特徴

Scientist with a tube of biological sample test by covid-19 viru

A5 健康診断・診断書作成

現在ご予約を中止させていただいております。5月以降に機械を入れ替えて再開予定です。

pixta_19567186_XL

A6 PCR検査

PCR検査10,000円(税込)
 検査結果は全て当日中にメールで報告。日本語または英語の陰性証明3,000円(税込)も同時報告。

Stethoscope head lying at worktable over patient medical history paper

C2 保険診療
(来院・電話再診)

保険診療はこちらで、保険証が必要となります。現在新患の方は受け付けておりません。5月以降再開予定ですので、ご了承下さい。

News

お知らせ

Pick up

おすすめ情報

MENU
PAGE TOP