Loading...

Q&A(よくあるお問い合わせ)

当院について

当院は一般内科です。
(風邪の症状の方・花粉症の方・高血圧の方・糖尿病の方など)
喘息(すでに息苦しい症状が出ている)・怪我・精密な検査が必要な方などは、対応出来かねます。
尿検査・心電図検査・血液検査・インフルエンザ検査ができます。
その他の検査(レントゲン・エコーなど)が必要な可能性がある方は対応出来かねます。
15歳以上の方から受診可能です。
15歳以下の方は最寄りの小児科を受診してください。
神田駅の北口出口を出たら、右手に富士そば・左手に江戸っ子寿司がある道を進んでください。
まっすぐ進んでいくと十字路があり、右手にドトールコーヒーがありますので、そのビルの4階です。
(徒歩約1分の場所です)
診療時間内であれば、お電話で承っております。
HPのアクセスからもメールにてお問合せが可能です。
但し、メールの場合は原則として翌診療日の回答になります。
土日祝日はお休みです。(午前中の時間帯は診療していません)
GW・お盆・年末年始についてはHPでご確認ください。
また、平日も休診になることがございますので、受診される前にHPの「休診情報」をご確認の上、お越し下さい。
午後診療(午後2時30分~午後5時30分)の時間帯は比較的空いております。
再発行は出来かねます。

精算方法について

利用可能です。
(Visa、Mastercard、SAISON CARD、JCB、AMERICAN EXPRESS 、Diners、Discover、LINEpay 、WeChat Pay)
但し、一括払いのみの対応で、クレジットカード明細書は発行できません。
※メンテナンスにより当日対応できない可能性もございますので、ご了承ください。

お薬について

院外処方で、処方箋を発行しておりますので、調剤薬局にお持ち込みください。
全国どちらの調剤薬局でも構いません。
夜9時までやっている調剤薬局があります。
発行して4日以内です。
再発行の場合は、自費でのご請求となります。
なお、処方箋を発行してから期間が空いている場合は、症状が変わっている可能性もあるため、再度自費で診察が必要な場合もございます。

保険診療について

予約制ではありません。
保険証をご持参の上、直接窓口までお越しください。

自費診療について

予約も可能です。
予約制ではございませんので予約なしでも受診は可能ですが、ご予約をいただいた方がスムーズに診察ができます。
診療時間内にお電話にてご予約が可能です。
当日でも予約時間が空いていれば可能です。
インフルエンザの予防接種のみ対応しています。
一般的な身長・体重・血圧・検尿・診察と、心電図、血液検査の内容であれば対応可能です。
※エコー・レントゲン・聴力検査などは対応できません。
健康診断書の場合は、当院専用の用紙で作成が可能です。
但し、提出先に必要な項目を確認していただき、当院でも対応可能な内容かご確認下さい。
当日の混雑状況にもよりますが、ご予約いただいた場合は約15分ほどです。
但し、血液検査の目安は午後5時30分までに受付をされた場合です。
①ご予約時間前の3時間以内の飲食はなるべく避けて下さい。
②尿検査を実施するため、直前の排尿は避けて下さい。
③ご本人確認のため、運転免許証など写真付きの証明書をお持ち下さい。
④診断書の用紙をご持参の上、お越し下さい。
①一般診査(内科診察・尿検査・血圧・身長・体重)のみ
 ・入社健診・就学時健診の場合 3000円(税別)
  ・住宅ローン用の団信・団体信用生命保険の健康診断の場合 4000円(税別)
②心電図追加 +3000円(税別)
③血液検査追加 +4000円(税別)
※HBs抗原・HCV抗体ありの血液検査追加 +6000円
④診断書2枚目以降(当日に限り) 1枚につき +3000円(税別)
血液検査の項目にウイルスマーカー検査(「HCV抗体」・「HBs抗原」)がなければ、即日発行できます。
下記の方法をお選びいただけます。
①指定先(ご自宅、職場、提出先等)への郵送をご希望の場合
 ・レターパック360での郵送(追跡サービスありで郵便受け配達) 1000円(税別)
 ・レターパック510での郵送(追跡サービスありで対面受取)   2000円(税別)
②指定先へのお届けをご希望の場合(神田駅から30分以内に限らせていただきます)
 ・完成後即日17時までにお届け 5000円(税別)
ご本人が受取もしくはご家族が受取の場合は、受付で本人確認を行いますので、受診者の身分証名称をご持参ください。

インフルエンザの予防接種について

毎年10月頃から受け付けております。
患者さんの混み状況にもよりますが、問診から接種まで、15分以内です。
1度であれば、11月頃。
2度接種するようであれば、10月と1月頃が目安です。
①明らかに発熱のある人(37.5℃以上)
②重い急性疾患にかかっていることが明白な人
③過去にインフルエンザワクチンに含まれる成分で、アナフィラキシーを起こしたことがある人(インフルエンザワクチン以外の医薬品でアナフィラキシーを起こしたことがある人は、予防接種を受ける前に、医師にそのことを伝え、判断を仰いで下さい)
④当日、医師の判断で受けることが不適当と判断された人 など
①接種後30分間は体調に問題ないか観察しましょう。
②アレルギー反応などあれば、医師に確認しましょう。
③当日の入浴は差し支えありませんが、注射した場所を擦ることはやめましょう。
④激しい運動や大量の飲酒は避けて下さい。
日本国内で使用されているインフルエンザワクチンは「不活化ワクチン」であり、妊娠の全期間を通じて、接種しても問題はありません。例え妊娠初期にインフルエンザワクチンを接種しても、お腹の赤ちゃんに対して、奇形や障害などのリスクはないとされています。心配であれば産婦人科の主治医の先生にご確認下さい。
対応可能です。
別途費用もいただいておりません。