風邪が心配な方


《風邪が心配な方》
※当院では血液検査以外の検査ができません。症状が重い場合(嘔吐が止まらない・動けないほどの腹痛・息が苦しい等)は風邪ではない他の病気が疑われ、さらに精密検査が必要な可能性があるため、他の病院での診察をおすすめいたします。

 

【風邪とは】

通常「かぜ」と呼んでいる病気の正式な病名は「かぜ症候群」と言われる病気です。
かぜ症候群の原因の80~90%はウイルスの感染で、他には寒さ・アレルギー・細菌感染などがあげられます。

 

【主な症状】

鼻水・鼻づまり・くしゃみ・咳・たん・喉の痛み・発熱 など
(潜伏期間はおおよそ5~6日)

かぜ症候群の症状はウイルスの違いや感染した場所によって異なります。
一般的には、空気中に浮遊しているウイルスが息を吸うことによって鼻や喉に入り、
鼻や喉の粘膜で増殖して炎症を起こします。炎症が喉まで広がると咳などの症状が出たり、
炎症が鼻の粘膜でも起こると、鼻水や鼻づまりの症状が出たりします。

 

【治療方法】

かぜ自体を治す特効薬というのはありませんので、「高熱を下げる」「咳を鎮める」「喉の炎症を鎮める」といった、今出ている症状を和らげる為の薬を処方します。
また、細菌感染が疑われる場合には抗生物質の投与を行うこともあります。

風邪は栄養をとって安静にしていれば通常は10日前後で治りますが、2週間以上たっても咳が続く場合は別の病気が隠れていることが考えられます。
また、風邪が引き金となって中耳炎や副鼻腔炎、さらに気管支炎、肺炎、脳症などの合併症を引き起こすこともありますので、お早めの治療をお勧めします。